04「人生を考える機会を持つ」

『人生に対する目標を持った人と、持たない人とでは、人生の後半では相当な差がついてしまうはずです』※一部抜粋

何かをしようと考えた時、必ずその目的を明確にする必要があると思います。そして、全ての結果には必ず原因があります。人生後半に差がついてしまうということは、逆に言うと今からでも目標を明確に持って努力すれば善き人生になるということでしょう。高い目標に向け、地味な努力を続けていこうと思います。